スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリオンってこんなに面白かったんか

あの、例の流行ったロボットアニメの新世紀エヴァンゲリオンです。
Youtubeで公式に六話まで上がっているみたいだったので見てみました。
(映画版の販促だろうけどさ)

こ、コレ普通に日本を舞台にしたSFじゃん!!
SF大好きちくわさん☆

いままで毛嫌いしてたわけじゃないけど、
え?今更?エヴァ見るの?って感じでした。正直。

第1話。どうぞ。始めに数秒CMあります注意。



以下面白い、興味深かった点をあげてみまった。



・芦ノ湖周辺が第三新東京市だったなんて
あしのこ。リアルちくわも行ったことがあります。観光地です。
遊覧船に乗ったりしたなあ?懐かしい。
未来的な要塞都市になって使徒にガンガン襲われてネルフ本部があったりで、
そんな場所にあそこがなっているなんて。
地名とか物(この場合は、駅関連)が現実が元になってると、
しかもそれを良く知っている場合、妙な親近感が湧きまくってしまったです。
渋谷が舞台とかならこの感覚は無かったな。


・君(14)が突然ロボットに乗れとか言われたらどうする?
まあ、主人公シンジ君のことです。
ロボアニメでは”若い子が突然ロボに乗るハメになって思い悩む”
お決まりのテーマがあります。エヴァは正確には人造人間らしいね。
エヴァに乗るのは痛かったり怖かったり、下手したら死ぬので、シンジ君はあまり乗りたがりません。
多分彼が言うように戦闘に向いてないんでしょうね。本当に。
学校にも行ってます。同級生にお前が戦ったせいで妹が怪我をしたと責められ、
でもその同級生トウジ君はシンジ君がエントリープラグ(操縦席)でボロボロになりながら戦ってる姿を目の当たりにして、改心(では無いけど)したんだよな?。ここ好き。
嫌になって家出もしました。連れ戻され、甘えるんじゃねえとむっちゃ叱られました。
シンジ君みたいなのは普通の人なんだろうな。


・コレ普通にSFじゃん
自衛隊とか政府の秘密機関とか
様々な兵器とか、要塞都市とか、地下の本部とか、
ニュースでの非常事態宣言(?)とか、一般人には情報操作とか、
ワクワクしませんか!?........しないですか、そうですか。
話も後半になるとSF要素が薄らいで精神世界チックになるらしいので、
そこは残念。序盤は用語だらけで最高です!


まだ序盤なのでどうなるか全く見えませんけどね。
みたこと無い人は見てみるといいかもですよ
残りレンタルしてこようかな?(暇無いけど)

洋画ドラマ感想  SFじゃけん!!「機甲戦虫紀LEXX」

えっすえふ!えっすえっふ!ランララン♪
好きだなーお前も。

つことで感想です。


※ネタバレは鑑賞には影響無い程度にしてあります



「機甲戦虫紀LEXX」 (DVD日本版)

《基本事項》
・宇宙もの海外SFテレビドラマ。
・全四話、各話約1時間半
・正確にはシーズン1にあたる作品。
   シーズン4まで存在する。シーズン1以外は日本版無し。
   全シーズン合わせると話数は60超える
・生ける虫兵器、宇宙船LEXXで宇宙を彷徨う4人の話。
・→何となくストーリー。
中年男スタンレー、改造美女ゼヴ、
ロボ頭の790、生きた死人カイの4人組。
宇宙を支配するシャドウは予言成就を阻止すべく、
彼らの乗る宇宙船LEXXを狙うのであった。



予告を置いて行こう。
英語だけど。こんなのだ。




《見所》
・個性あふれるキャラクター!(後述)。
・エロでグロな世界観。
  ただし、見るに耐えないレベルではなく、あくまでも明るいエンターテイメント。
  脳みそとか普通に出てきます。直接描写無いけど人肉も喰ってます。お子様にはお薦めしませーん。

・この時代では超頑張ってる3DCG(1995年)


《感想、、キャラクター》
まずキャラクターと世界観が、個性的でいい!!
コレ、まず日本じゃ使わない路線なのである。

主人公、赤い服のおっさんスタンレーは、ひょんなことから宇宙船LEXXの操作キーを手に入れる。
そこから彼はLEXXの船長になるわけだが、彼は別にヒーローでもなんでもなく、
若いおねーちゃんとイチャイチャもしたい、普通の中年おっさんである。
日本なら速攻で若いコにするところだな。
彼はちょっとしたミスで、大勢の人の命を失わせることになるのだが、
当の本人に全く悪気は無いし(不運だ…)、彼を追う権力には抵抗も出来ない、
正義はあるが、危ないことには手を出したがらない、
本当に本当に普通のおっさんなのだ。
彼はまさにこの物語の"普通の人"の代弁者で、
奇人変人超人の多いこの話で、"普通の人"の私達とリンクさせてくれる重要な存在なのである。

まあ、基本的には、
行動的なヒロインのゼヴが物語を引っ張り、スタンレーが罠(大抵はエロい)にかかり、790が毒のある台詞を吐き、カイが能力を発揮して(切られても死なないダークな暗殺者)みんなを助ける、
というストーリーラインです。

シーズン2での790とゼヴの絡みが面白くて面白くて…
790はいつも一言多いので(スターウォーズのC-3POを想像してくれ)、
ゼヴにいつも「オフ!」と言われて電源切られちゃう。まあかわいい!

それと敵ね。シャドウ様。
彼にはご先祖と呼ばれる存在がいて、
そのご先祖達は脳みその姿をしているのである。まさに知識の宝庫。
作中では貴重なタンパク質or人質として狙われるわ喰われるわ。カワイソス、、、

こういうのあげて行ったらきりがないわw


《感想、、マイナー、なんだよな》
今回、こんな最強にマイナーな作品を見ることになったのはきっかけがあって、
2代目ゼヴの人(注1)を追っかけてたら、LEXXにたどり着いていた、って訳です。
でなきゃ知りませんwwwwww
あとは25動に流れてたチェスの回(注2)とか

とにかく一度見てみてください。
キャラが面白いから!!!!
日本語吹き替え版(注3)販売&レンタル中。私は首都圏の某店で借りました!!
英語分かる人は動画サイトVeohに上がっているものでも良し。






(注1)2代目ゼヴの人
2代目ゼヴの役者さん、Xenia Seebergさんのこと。
彼女はシーズン1、要するに日本版では登場せず、シーズン2の途中から出演。
昔歌ってた曲を調べてて、こうなったという。
アイドルが一時期歌手やるアレです。
一応、曲について俺記事書いてるんでLEXXファンの方は、PVもあったんで見ていただけると嬉しい。
「ハピコア系ユーロダンスの曲レビュー(8)」

(注2)チェスの回
シーズン4のかなり終盤の回。
キャラクター達がチェスのコマになって戦う。
ゲーム解説のコミカルな展開で本格的にハマった。
コマを取るときに頭をぶっ潰す素敵な演出が有る。

(注3)日本語吹き替え版
なんというか、テレビでよく聞く声の人が出まくっててワロタ。
スタンレーの青野さん(友蔵じいさん、ちくわ的にはウエスタンリバー鉄道のナレーション)やカイの速水さん(ザーボンさん!)やゼヴの富沢さん(レイちゃ?ん!)とか。
以上wiki情報。みんなベテランじゃないか。
で、790の人は誰なん?

洋画感想 SFじゃけんの!「デューン/砂の惑星」

えっすえふ!えっすえっふ!ランララン♪
SF大好きなちくわさんです。
今日見た韓流映画は超微妙orz ラブコメ興味ねえ
(決して私の趣味ではないぞぉ、連れられたんだ!ああ!)

気を取り直して感想です。


「デューン/砂の惑星」 ※劇場公開版
《基本事項》
・小説原作のSF
・元々はとーっても長い話。それを約二時間に詰め込んだそうな。
・舞台は砂の惑星アラキス。でっかい虫サンドワームがうようよする雨の振らない土地。
   一応宇宙船等出てきたり、他の星も出たりはするのだが、いわゆる宇宙戦は無し。
・→何となくストーリー。
 砂の惑星アラキスで採れる"スパイス"(凄い"ヤク"みたいなもんです)を巡り、公爵やら男爵やら皇帝やらギルドやらが陰謀企てる話。公爵の息子ポールが主人公。
あ、サンドワームをぶっ倒す話じゃないからねこれ。


《見所》
・3DCGなんか無い時代(1986年)の映画の特撮。
   シールドの描写がものすごく時代を感じる(箱?)。
・とりあえず虫。サンドワームの存在感。
・やっぱり世界観(ちょいグロ&宗教、哲学的?)
・俳優さんとか有名所をたくさん起用しているらしい…(年代的に分からん)
 こないだスティング(歌手)はようつべで見た。へー。いいキャラしてたな、かつこいい。


《感想》
いやこれ今回借りた動機がアレ(注1)なもんで。
大して期待も予習(原作未読)もしてなかったんですが、
ちょっとこれは続きが気になるなあ…、というレベルで面白かった。
大絶賛!では無いのよ。うん。だけど妙に味があってね…
味:これはテビット・リンチ監督の趣味云々が入ってるからだからなんとか。

まさに雰囲気・世界観を楽しむ映画ですな。
大勢を使ったバトルシーンはメインじゃないっす。そんなに凄く無いし。

つまりは
よく出来たシブい美術セットはもちろん、
声(ボイス)が武器になる設定とか
思わせぶりな予知夢シーンとか
サンドワームおびき寄せるための振動器砂に刺す場面とか
砂漠で生きるためのなんとかスーツ(名前忘れた)とか
魔女っぽい人達の立ち振る舞い(最初に出て来る婆様や妹)や、
敵側:男爵(浮いてるデブ!)の汚くてイっちゃってる感じ、などなど

hazukasiie.jpg
こんな感じって  ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
いつもはちゃんと何かしら写真入れるんですが撮り忘れてうろ覚えの絵だよ
描くんだったらマトモに描けよちくわさん



これ好きな人にはホント堪らないんだろーな?
スターウォーズのような派手さは無いな。画面の色も抑えた感じだし(要するに、砂)。
ライトセーバーのような武器やXウィングが空を飛び回る訳でもない。

元々が長い話だけに、なんだか複雑で、
誰が味方で、誰が敵か、今何が起こってこうなったのか、
細かい設定がさっぱり理解できないまま話が進んでしまいます。端折った感が満々です。
いつの間にかラブラブだったり、妹が出来てたり、あのキモいエイリアンは何やねん…
正直、"主人公ポールが超人で救世主"ってことが分かれば特に観る分には困りません。

いいんか!!
いいんだ!
雰囲気で楽しめ! 以上!!!




(注1:今回借りた動機がアレ)
某ドイツのハピコアの人の元ネタを見たかったってのがオチ。
それだけだよ悪いかああああああああああ!!

洋画感想?戦う女の子は好き?? 「セレニティー」「バイオハザード3」

みんなーーーー!戦う女の子は好きですかぁ!
 は?????い!!!!
よーし、良い返事だ!

映画を二本借りてみたんで感想をば。
 「セレニティー」と「バイオハザード3」です。
共通点は最強の戦う女子の存在。
両方ともアクション映画の作品です。
では!!

微妙にネタバレですが、鑑賞には影響無い程度にしてあります



「セレニティー」
sdvd.jpg
夏っちゃああああああああああーーーーーーーん!キャメロンの時の方が可愛いな(冷静)

《基本事項》
・SFアクション 雰囲気はSF西部劇に近い。
・打ち切りとなったテレビドラマ 「Firefly」の続編
 (ちなみにFireflyは日本放映はあったものの、日本盤は出てないらしい)
・舞台は現代から約五百年後、地球から他の惑星に移住した人々の話。
・→何となくストーリー。
 宇宙の何でも屋家業を営む、船長マル率いるセレニティ号のクルー達。
 人間兵器少女リバーを乗せたことにより、彼らはアライアンス
 (同盟。政府のようなものと思って)に
 追われるハメに…。アライアンスの意図とは!?そしてクルー達の運命とは!?


《感想》
はい!
ちくわさんは完璧にサマー・グロー(リバー役)
目当てに見ました!

はい!もう素敵です!
弱気不思議少女モードとスイッチ入っちゃった時の格闘兵器モードの差がすばらしくいいです!!
美しくてカッコいい、、、ではないんだよなあ、
日本的な格闘少女、"か弱そうに見えるが本気出すと強い"の感覚ですよ!

かんそうおわり。
おわらない。


まず言いますと、人間兵器少女リバーが主人公ではなく、
セレニティ号船長マル(スターウォーズのハン・ソロ的キャラ)が主人公です。
DVDの表紙や、序盤の展開でかなり彼女が大きく扱われているので、
勘違いしちゃったのだが、見て行くうちに分かってきました。
(元々ドラマで出番が多いキャラではなかったらしい)
格闘担当&キーパーソンには違いないのだけどね。


でまあ、なかなか面白かったです。
そして監督もおっしゃる通り、低予算でめちゃくちゃ頑張ってる映画です。
人間模様(ドラマ版を見ていない私はちょっと分かりにくかった)や、
浮遊カー戦、宇宙戦(これがなかなかイイ)、肉弾戦、未来世界の暮らしと世界観、
ドラマ見てなくてもストーリーは分かるし完結しているし、
なによりもぶっきらぼうで人間味ある船長がアツい!!
 "どこかでみたような…"と言われてしまえばそれまでですが、
そのあらゆる要素のバランスが良かったかな。

あえて難点を挙げれば、
説明不足なシーンがいくつかあるのと
(カットを一つ入れるだけで解決しそうなのに…)
ストーリーの進行度合いが妙に速い(駆け足な印象)のが
気になりました。
頑張って追っかけましょう。

SF好きなら見て損はしないかな
てかこの登場人物でもう一回見たい。

 



 「バイオハザード3」
bmonitor.jpg
これDVDのメニュー画面。みらじょぼびっちお姉様の顔はおろか、タイトルすら無い仕様。

《基本事項》
・ホラーアクション といってもホラーじゃなくて、ゾンビ殺しまくる派手なアクション映画。
・バイオハザード1、そして2の続編。
・舞台はゾンビだらけになり荒廃した地球。 T-ウイルスの作用で人間がゾンビ化している。
・→何となくストーリー。
 荒廃し、砂漠化した地球で、人々は大勢のゾンビから逃げる生活を送っていた。
一方、T-ウイルスのお陰(?)で超人となっていた主人公アリスは
彼女を利用せんがため、アンブレラ社( T-ウイルス作った会社)に追われていた。
そこで、アリスは人間の生き残りたちと出会う…



《感想》
はい!
ちくわさんは完璧にミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス役)
目当てに見ました!

はい!もう相変わらずカッコいいです!
今回は荒野のガンマン的魅力だわ!!
ワイルドに剣でゾンビを切る!ああっ!!超能力も繰り出すぞ!

かんそうおわり。
おわらない。


正直言って、これミラ・ジョヴォヴィッチを見る映画です。
ミラさんは本当に文句の付け様がありません(泣)

というか、私が役者さん目当てで作品を見る唯一の人物。
(…であった。過去形。理由は上の人wwww)
今はウルトラヴァイオレットが見たい!!!!!!


対人間でも犬ゾンビにでも人間ゾンビにでもラスボスゾンビにでも
真っ向勝負で華麗に立ち向かう(絶対死なない)のはウットリしてしまいます☆☆☆

が、
ストーリーが何ひとつ進まない「続く」的な終わり方だし、
ラスベガスでの対ゾンビ戦が面白いか?といったらそうでもないし、
("カラス"は良かったな。ついばまれるーーーー!)
間延び気味(主にトラック軍団の仲間たちのシーン)だし、
ラスボスゾンビの死に方がアレだし、

いろいろあります。「続く」的な終わり方が一番マズいかな。
明らかにこれから盛り上がるところで終わってるんだもん。
いやああたしはてっきりクローン引き連れて東京行くかと思ってた。

まあ、4の製作もしているみたいだし、東京出るらしい…?
次回作に期待。
ああ、もういっかい1作目が見たくなってきた(赤いドレスで蹴り!!!)

ターミネーター サラコナークロニクルズ(シーズン1)

クリスタルクロニク…あ。サラコナークロニクルズ。
ターミネーターのドラマ版。
映画版とはパラレルワールド的な話らしい。


《概要》
・舞台は2007年。(99年からタイムワープ)
・主役はサラ・コナー
・サラの息子ジョンを狙う、新たなターミネーターに追われる
 ↑クロマティのこと(T-888型)。様々な目的を持つターミネーターが他にもいる。
・新たなターミネーターに救われる。そして一緒に暮らす。
 ↑キャメロンのこと(TOK-715型)
・一言で言えば、未来のスカイネットとなるテクノロジーをたたきつぶそうとする話。
  (スカイネット:コンピューターのシステム。核戦争を引き起こした)
・アクションというより、ドラマ的な心理描写が豊富
・未来が舞台の話が挿入されることがある
・ターミネーター、ターミネーター2の設定が土台となっている
 ↑この映画2作品は観ておくべき


《見所》
・ジョンを守る母(サラ)の強さと弱さ
 ↑メインですな。カッコいいよ!
・キャメロン以下ターミネーター達のロボット的振る舞い。
 ↑恒例のちょっと笑えるシーンのことです
・FBIエリソン捜査官の動向。
 ↑一般人がターミネーターに関わると…こうなる!!!
・ターミネーターの体についての描写
 ↑なんと、あの体は現代のテクノロジーで出来そう一歩手前なのだ!
・映画版でおなじみのあの医者やあの家族やあの方の兄が登場


《オススメ回》
第1話
初回にふさわしいアクションてんこ盛りの回。
戦いつつ爆破されつつ壁をこわしつつ
何処までも追って来るターミネーターは脅威そのもの。
最後にはタイムワープでおなじみのあの演出が見られます(ニヤニヤ)

第4話
スリリングな閉じ込められアクション要素とターミネーターの行動の謎が
適度に散りばめられたテンポの良い回。
ターミネーターは動かなくても十分怖い。
そしてジョンはやっぱりおバカだ。考えたら止まらない。

第6話
審判の日以降の未来の話と、現在の話を交差させつつ、
ターミネーターの恐ろしさ、不気味さを表現している回。キャメロンマジ怖い。
なお、一般人でいらっしゃるチャーリーを通し、この物語の設定をおさらいしている回でもある

第9話
シーズン1の最終話。物語は「続く!」的な終わり方だが、
シーズン1の展開、サブキャラはこの話で完結しているようです。総決算。
一見ただの荒々しいおっちゃんに見えるデレクおじさんの優しさが分かる回。
ジョンにとって最高の誕生日プレゼントだよアレは。
ただ、FBI最終悲惨バトルのあの曲はなんとかならんかったのか。楽しそう…
有名な曲らしいが。



《頭のチップで動く、いとおしい彼女に乾杯》
少々ネタバレですが、この作品の大きなテーマに、
「ロボットに(人間らしい)感情はあるのか?」というものがあるらしく、
それを示唆させるシーンがちらほら登場します。

シーズン1ならば、タークの存在、
シーズン2ならば、社長関連の話、
そして大きな存在感を持つものとしてキャメロンの言動があります。

どう見てもジョンと同年代の高校生くらいにしか見えない彼女は、
ロボットらしく、人をあっさりと殺してしまったり、(かわいい顔して何とも恐ろしい)
上手く感情が読めないせいか、的確ゆえに人を怒らせるKY発言をしてしまったりするのだが、
 そのときの困った表情が、イイっ!!
それでも、人間のやってることを理解しようとしているのが見て取れます。
 死んだ人への感情を考えるキャメロンたん
 バレエを踊るキャメロンたん…などなど

それをふまえた上で、この先どうなって行くのかが見所かな?と。
しーずん2では、、、ふふふ…





《すっかりハマってしまったちくわさん》
なんだかんだで見続けている理由は
100%キャメロン目当てです。
いやもうかわい過ぎwwww 
ひゃひゃひゃ!
演じているサマー・グローさんの童顔っぷりにマジ惚れ。
なのに今年で28歳らしい。ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、ちょ!!すげ?
こっ、この人は素のときよりも表情を殺した方が魅力的に見える…
他の作品でイっちゃった顔をしていたのを見たが、素敵だったわ?
普通の娘じゃ無い役が似合う役者さんもいるが、まさに彼女やんと思ったね。



mip_0014.jpeg
mip_0013.jpeg
クロ様もファンらしい(爆)fromまいにちいっしょ
ツンが見られるのが最高ですとも!!同意!!


あとはシーズン2後半が完結する9月までお預けです。
プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
ゲームメーター
Chick-Oの今やってるゲーム
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
TV・アニメ・映画の記事
←前 →次
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。