ハピコア系ユーロダンスの曲レビュー (10)


需要とか一切関係なくもう趣味の曲をやります。単発系アーティストでし。
たぶんここからはドマイナーです。


Gai Jin「Reality」1995

もうアーティスト名見ただけでも胡散臭さが爆発してるGai Jinさんですが…
とりあえずPVを見ましょう。
そうですね、現代風のエセ日本ですね、期待通りですね最高ですね
 ^^にんまり
いかにも90年代臭全開のなんかシュールな絵面で、そこはかとない電気(グルーヴ)臭というか脳内でクルクルミラクルが流れまくったというか。

この曲自体は和要素一切無い曲で(これもホント謎)、元ネタは80年代のRichard Sanderson の同名曲。とてもきれいなセンチメンタルハピコアに仕上がっております。曲はすごくイイんだよ!なぜPVがああなのか。

ちなみにCDの外面はこんなん。
karushiumu.jpg

無作為のようで全部食品系のパッケージから取ってるっぽいので統一感アリ。
ひょっとしたら日本語分かる人が関わってるのかもしれない。


Alp-Traum「Ich Will Kühe」1995

家電量販店のジングルのようなメロディと、なんか何処かで聞いたことがある音ネタ、
牛の鳴き声にヨーデルに何でもありのスピーディ感あふれるバカ楽曲。◯んこぶりぶりテクノ。
ドイツ語。

「Ich Will Kühe=私は牛になりたい」と連呼するこの曲、ドイツの旅行会社のCMが元ネタです。
そのCM、女の子の声でIch Will Küheと喋るのですが、要は牛みたく休みた〜い!ということらしい。日本的に言えば「お手々のシワとシワをあわせてテクノ」で良いんじゃないだろうか。ミックス名にあるBSE Mixなんか危険な香りでセンスがよろしい。B☆S☆E!

ネタ楽曲系列でも音ネタの入れ方が大変絶妙なので、クオリティは高い方です。おすすめ。

牛になりたいネタのハピコア曲はもう一つあり、
それが Tech-No-Logicの「Ich Will Kühe」互いに無関係の全くの別曲。
こっちも悪くないがAlp-Traum版のぶっ飛び具合にゃ敵わんなw


Dogma「In den Himmel fallen 」2003

これもドイツ語楽曲で、おそらく時代的に最後発のハピコア系ユーロダンスプロジェクトです。
見た目はアイドルか何かだが、そうやって売り出していた気配は無し。

当時の流行りである、太めに響くハンズアップ系サウンドが主ですが、BPM160超えのテンポ感と音使いは完全にハピコアのそれです。曲の緩急が印象的でとても良い楽曲なのですが、これともう一曲「Du Brennst Immer Noch In Mir」だけで終わってしまった短命プロジェクトです。かなC。

ちなみにこれ、作曲はLukas Hilbert氏で、彼は90年代のハピコア系アイドル:Blümchenの幾つかの楽曲を手掛けた人です。メロディアス曲調が彷彿とさせて泣けてきます。PVの女の子(Inkaちゃん)も細身でアイドルぽくて俺得趣味で泣けてきます。ああ!!
このあと時代は、ハンズアップトランス系隆盛に向かってまっしぐらですが、ハピコア系ユーロダンスの最後を伺わせる重要な一曲かなと思ったり。

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた
星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
今やってるゲーム
基本的には洋ゲーマー。でも雑食。
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
最新の記事
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
検索フォーム