シュール&ハイセンス&不条理系テレビ番組 その4

短期集中連載、「シュール&ハイセンス&不条理系テレビ番組」特集です。
今回は、教育番組的何かです。何かです。



アインシュタイン
1990〜1991
フジテレビ系
■映像がシュールな科学系教養番組

相対性理論や、音速の話、宇宙、当時の旬な科学情報を紹介する、
内容だけ聞くとディープな科学教養番組なのだが
映像や音の演出が
ぶっ飛んだセンスで展開されるシュール系番組。

CGを使った映像的には「ウゴウゴルーガ」の前身といえる。
※子供番組ではない。むしろ大人向け。

この雰囲気は後のNHKの番組群に受け継がれてる気がしなくもない。
むしまるQ



科学と神


さて、見たほうが早いが、どうぶっ飛んでいるのか言葉にしてみましょう。
あのアナ二人の謎の衣装(バブル期だけでは説明がつかない)と
手を広げる例のアクションとか
(しかも普通のニュースとか出てたりしてたのでギャップが凄まじかった)
謎生物が現実世界に乱入してたり、解説画像が超適当とか、
アタマから足が生えてたりとか、バックに謎の音楽などなど
それなりにカタいテーマなのにまさにカオス。


フェロモン

内容はものすごく丁寧で真面目なんです。
演出と図が狂ってるだけなんです許してあげてくださいwww
見る限り唯一の、シュール系大人向け教養番組なので
現在の科学を反映させて、もう一度放送して欲しいものである。



にほんごであそぼ
2003~
Eテレ(NHK教育)
■日本語がシュール系子供番組

日本語の音や形、日本文化に注目して、
ちょっと違った切り口で紹介していく教養教育番組。
ひらがなが段々ゲシュタルト崩壊してきたり(文字に注目)
謎の言葉遊び歌を展開したり(オノマトペな歌)
感覚に訴えかけたシュールさである。


それらも別に説明とかをするわけではなく、ひたすら見せるだけ。
だがそれが逆に意味不明っぽさを醸し出しています。

これ放送した当時はどうして今までなかったんだ!と思うと同時に、
公共放送というお硬いイメージが完全に消滅した瞬間であった。

※この頃からNHK教育の
アーティスティック路線が顕著になった。
代表的なのがこの「にほんごであそぼ」や
同時期に始まった「ピタゴラスイッチ」などである。



ややこしや

この番組を端的に表す最高の例。
狂言のあの調子でなんだか哲学な歌を歌いあげる。
萬斎さんとこの歌のお陰で、
(謎番組フリークに)狂言の認知度が高まったのは、言うまでもない。
日本が誇るアートである。



2013 年 あるときの放送

こんなのを延々と流す。近年は子どもたちも頻繁に登場し、
より低年齢向けの装いを見せてきた。
アイキャッチのシュールさと、「す」が何回?の発想は凄い。


でもやっぱこの頃↓のが好きかなー?

寿限無 女子高生編



これは語感もさることながら、カット割りもすさまじい!
繰り返しの魔力、女子高生の魅力もあって、色々と美味しい映像である。
クセになるっっ!


関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた

星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
今やってるゲーム
基本的には洋ゲーマー。でも雑食。
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
最新の記事
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
検索フォーム