ハピコア系ユーロダンスの曲レビュー(3)

主に1995?96年頃のジャンル:ハッピーハードコアの曲
他記事はカテゴリからどうぞ!!
この特集の詳細はこちら《ハピコア系ユーロダンスまとめ》です

知らんうちに長期シリーズ。こうなる予定は無かったんだけど?
本当に一大勢力だったんだな。



Dune「Hand in hand」

シンプル展開の和音高音行進曲。
たん、たったか、たん、と、延々鳴ってる太鼓の音と、笛と鉄琴。
別に要素それぞれはハピコア頻出音なんですが、
雰囲気がもう、どの辺が”ハードコア”なんだか全く分からない位メルヘン。
わたくし完全に撃沈してしまって病的に聞いてこのサイトがカービィ化した原因曲。
「れっつごー」とかもうヤバいです。むちゃくちゃ可愛いです。
PVは童話ハーメルンの笛吹き男ネタ。ストーリーが追えるタイプ。
ネズミ退治しておっちゃん懲らしめて子供らを導くんだが、(笛で)
最後皆で虹のかかったドリームランドだかラブリーランドだかに行ってしまうという、人さらい?いやいや。
穴からでてくるのがカワイイ…って、、、情けねぇ??

→その他のハピコア曲
「Hardcore Vibes」「Can't Stop Raving」「Million miles from home」など。


Nakatomi 「Sing」

カーペンターズの曲ですね?コレ。カバ曲。
PVは不条理おバカ路線です。ごめんなさいメタクチャ楽しいです。

グラビア的ハダカ(薄着)のおねいさんと
学級崩壊の子供達「らんらららら?♪」と
「お前死んじまったのかよー!ボコグシャドカベキ…復活!」
=よく分からないけどバカ

特にお姉さんの存在意義が全くわかんねー。…イロを添えてんのか。
ハピコアのおバカ路線は、こういう、ちょっと”逝って”いるおバカなのです。
コレがもっと酷くなると、例の別ジャンルに行くのですか?
曲単体で聞くと全然おバカじゃないです。
ボーカルも普通。というより原曲に忠実かも。でもハッピー!
ただ、途中「らんらららら?」と本物子供が可愛く!
…ラララってるので、貴重な曲です。よだれジュルっ?
ちなみにNakatomiの二人はVengaboys裏方の二人。
そこが一番今回調べててビックリした。へぇ?

→その他のハピコア曲
「Children of the night」「Free」



Cabballero「Dancing With Tears In My Eyes 」

このPVのは正確には(Short Rave)バージョン。
ボーカルのキーが上がってる、いや、速くなってるバージョンです。
(こっちが基本?)
女性ボーカル×男性台詞で、
ボーカルの叫びの質がめっちゃ俺好みの高音、なのはおいといて、
細かく延々鳴らすシンセのお陰で”速い”って感覚のある曲。
晴れた日に自転車で疾走すると最高!
「だ?んしーん!うぃってぃーじんまいあ?ぃず?(ごにょごにょごにょ)」
の、歌い始めの突き抜けた感じがぃいい!
PVは、微妙にストーリー入ってますね。
おっきくなった踊り子人形と踊る幻想系。
でも、よくある”ユーロダンスのダンサーの出てくるPV”である。

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた

星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
今やってるゲーム
基本的には洋ゲーマー。でも雑食。
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
最新の記事
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
検索フォーム