スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルガムダンスの曲レビュー (6)

1995年以降のジャンル:バブルガムダンスの曲

記事一覧とジャンル解説はこちら

ネタキャラ特集。
存在自体がキャラクター化してる人々。
男性ボーカルメインのアーティストが多い分野。


Machoman「Wookie Wookie」

「まむしりばっぱーまむしりばっぱー」という謎のスキャットが特徴のこの曲、
女性ボーカル&男性ラップの典型的ユーロダンスのノリで進行して行きます。
Machomanという名前にもある通り、やたら声が太いです。
彼自身はマッチョというか、変な格好付け野郎にしか見えない。
デンマークのマッチョランドにいるとか、存在そのものがネタ。
PVでお姉ちゃんはべらせてみたり。こいつ〜!                                                                                                                      

Cartoons 「Witch Doctor」

ロカビリー調の云々、といったロックとユーロダンスが融合しているアーティスト。
なので、音からして異才を放っています。聞いたら違いは一発ですが。
ポジティブであっかるい曲が多くてお好み。
何よりも彼らが凄いのは、そのカラフルな衣装、つーかコスプレ。
頭がやりすぎリーゼントだったり、楽器とか、もう…。
"カートゥーン:マンガの世界"をとことんやる姿勢は感服に値します。



Carlito「Carlito (Who's That Boy)」

Dr. Bombay、Dr. Macdooで知られるJonny Jakobsenさんのプロジェクト。
メキシカンな異国情緒(謎)あふれる曲が特徴。
なんかこう彼は面白い声をしてるんだよね。ひょうきん、というか。
これはその声と、女性ボーカルのメリハリが上手い曲。
歌詞の文字を表示していく、ありそうで意外と無いPVです。


カリートは持ってないけど、ボンベイ(ちなみにこちらはインドネタ)ならあるわ↓
IMG_2068.jpg
正直こっちの方が好きだったり。バブルガムだし。
スポンサーサイト

【速報】smile.dkのアルバムがiTunesStore(日本)にキターーーー!!

日本全国のバブルガムダンスファンのみんな!


Smile.dk「Party Around the World」が
iTunesStore(日本)で発売です!
やっとかよ

smiledkparty.gif
↑証拠写真


リンクは↓ここじゃあ!!
Smile.Dk - Party Around the World

これで日本からでも簡単に買えますね!!
が、日本盤というわけでは無いみたい。残念!

ちなみに私は、日本盤のディスク発売を待っているので、iTunesでは買いません
はたして売るのかね??


日本盤発売の際には、またお知らせしますわん♪



ちなみにこんな曲も。
NAOKI feat. SMiLE.dk - DanceDanceRevolution S - A Geisha's Dream (Ruffage Remix)

NAOKI feat. SMiLE.dk の「A Geisha's Dream (Ruffage Remix)」
ですね。


さあみんなでスマイル漬けだ!!

【速報】FF7インターナショナル版がゲームアーカイブスに!!

待ってました!スクエニよくやった!

FF7のプレイを途中でやめざるを得なくなって早数年。
リメイクが出たらもう一度プレイしようと思ってたのですが、
ゲームアーカイブスに参上です。
ff7.jpg
マジだーーーー!この調子でFF8も配信してたもーーー!



PSPやPS3にベタ移植しているようなものなのですが、
もういい、買っちゃう!
お値段1500円…あれ?普通のソフトより高くない?
チケット買いにいくか?。あ!メモステも足りない!しばらくおあずけかな?


やるぞ!やるぞ!
そして今度こそ、
ユフィを仲間にしてやる!!

詳しくはこちら(ソニー公式)






中国産謎のおもちゃ(パクリを凌駕したカオスっぷり)

こ、これはなんだああああああああ!

片手でがっしり握れるサイズの
ドラなんとか見たいな顔した青いヤツ。
その顔はぱっくりと開き、中から象の顔が現れ、光りながら動き回る。
その手にはバチを持ち、太鼓を鳴らす。
「トントントントンピーひょろろ おうっ!」(永遠に繰り返し)と…。

とにかく見てください。

これは欲しい。
何このカオスおもちゃ。存在そのものが素晴らし過ぎ。てゆーか音。
この曲にバスドラム(もちろん歪ませて)の音付けてガンガンに回したい…!

詳しくはこちらの記事参照。
モエヨドットコム

ちびうさ周りのキャラを紹介してみよう

ちびうさ周りのキャラを紹介してみようのコーナー。
R~スターズで関わったキャラ&漫画(本編&ちびうさ絵日記)キャラということで。
アニメ重視ですが。


いろいろセラムン関係を漁ってると、
どーも私、ちびうさ関連のキャラがお気に入りなんですよ。
子供の世界、が描かれているせいかな。

…けっ!わたしはどーせ"ろりこん層"ですよーだ!
参照→wikiちびうさの項

実は私の書いたほとんどの事項はうぃきにのっている。
参照→wiki美少女戦士セーラームーンの登場人物の項




■うさぎ・スモールレディ・セレニティ/セーラーちびムーン/ブラックレディ(敵)
うさぎと衛の娘、ちびうさのこと。最初のは未来での本名やな。
現代では月野うさぎ(!!!!)そして小学生。
漫画では900歳設定があったりするがアニメでは年齢についての言及無し。

最初はクソ生意気なガキでしたが、段々と精神的に大人になっていきます。
Rでは泣き虫でワガママな本当の意味での幼い子供。ママ助けようと必死。
洗脳され、ブラックレディ(準ラスボス)として立ちはだかります。
↑この姿でもルナPが使えたりするのが可愛いな…
Sでセーラー戦士見習いとなる。友達助けようと必死。 
Ssでは彼女がペガサス呼ばないと、セーラームーンは戦えない。恋に友情に悩みます。
スターズでは、ええっと…存在が消えそうになって 出番少ないなあ。

少しずつ身長も伸びているようで、
おそらく、成長するとボンキュボンのグラマラス美人になるのでしょう。
↑ブラックレディ&逆玉による成長(パラパラの魔法)の様子から。
基本的に、思いやりのある優しい子なのですが、
うさぎと絡む時は子供らしい生意気さが表れています。
漫画ではセーラー戦士として独り立ちしつつある彼女が描かれる。
アニメなんかだと、立場上よく囚われ役になってたりする。
力を利用されるってヤツです。クライマックスに注目。
↑ワイズマンやカオリナイトやネヘレニアに連れて行かれました




《血縁》
■月野うさぎ/ セーラームーン/ネオ・クイーン・セレニティ(ちびうさの母)/ セーラーコスモス
美少女戦士セーラームーンの主人公。
現代ではちびうさの姉的存在。どたばたギャグコンビ。
未来では母親であり、クリスタルトーキョーを治める人物。
現代では完全なバカでドジなキャラだが、
未来で母親になると、落ち着いていてかつしっかりしたキャラに。
同一人物変わり過ぎです。
本質は変わってないみたいですが。(手紙のひらがなエピソード)
最初は結構ちびうさのことを疑っていた。
それがかげがえの無い存在(家族の一員)になっていくのですよね。うんうん。
ちびうさのことが心配で心配でたまに過保護になるけど、大切に思っているが故である。
いざという時は身を挺して救いにいく。Ssでは空から飛び降りました。
大抵展開としてはピンチになったちびうさをうさぎが助ける展開です。



■地場衛/ タキシード仮面/キング・エンディミオン(ちびうさの父)
現代ではちびうさのお兄さん的存在。(保護者的存在でもある)
未来では父親。
ズバリ、暴走しがちなうさぎ&ちびうさコンビのストッパー役。
大人な対応が出来る所が○。
うさぎよりもちびうさの細かい感情は観てあげられてる感じ。
よく自宅マンションで相談にのってたりする。
でもタキシード仮面。そんなみらいのぱぱ。
ちゃんと「タキシード仮面様!」って言ってるちびムーンは偉いと思う。


※そういや育子ママとか月野家の人たちって一応血縁関係になるんだよね?
おばあちゃんおじいちゃん?
爺婆を洗脳して居候する孫って…。(間違ったことは言ってない)
進悟兄ちゃん(ちびうさはそう呼んでいた)は小学生だから学校も同じはず。
とにかく、月野家はちびうさにとって第二の我が家ですね。


《セーラー戦士の仲間たち》
■冥王せつな/セーラープルート
ちびうさの友達…というより保護者的存在。未来系キャラ、後に現代に。
時間止めたりできる凄い人。私生活が全く見えない、ミステリアスキャラ。
ちびうさが親と離れている間、そっと見守っていてくれている感じ。
この辺は衛さんのポジションと似ている。甘えられる親代わりというか。
それだけでなく、世界そのものの行く末も見守ってる感じがする(アニメ)
漫画第2部では命を張って時間を止め、ちびムーンに変身するきっかけを作っている。
ブラックレディがぽろぽろ涙流すシーンとかヤバいわ〜。
漫画第5部では十番小学校の保健室の先生だったりする。
子供の扱い(保護者としての)は一番慣れてそうだ。


現代でも「プー」「スモールレディ」とお互いを呼びあう。
「せっちゃん」「ちびうさ」とは呼ばない(笑)


■土萠ほたる(転生前&転生後)/セーラーサターン/ミストレス9(敵)/おたクーラ(敵)
ちびうさの現代での友達。人生救われて以来親友的ポジション。
大抵のラスボスは倒せるであろう凄い人。一応小学生。
S(転生前)は他学校の友達。超能力持ちで全然友達が居ない中、
まともに付き合ってくれたのがちびうさという訳です。
精神を乗っ取られて,ちびうさのピュアな心を喰って殺しかけたあげく、
ミストレス9(準ラスボス)になる。
↑完全な別人格なので、ブラックレディとは似て非なるもの。おたクーラも同じく。
スターズ(転生後)は赤ちゃんから速攻で成長し、漫画では十番小学校に通う。
…おそらく、全キャラ中一番人生がカオス。漫画ではサイボーグ設定があったり。
割におとなしい子だけど芯の強さがあって、ひたすらちびうさ守りにいく姿勢が最高。
戦闘の時はよくペアにされてます。


※上記外部の2人が特にって感じ。内部は頼れるお姉さんたちである。
 外部ってちびうさには甘いんだよな?。
 あの、ウラヌスネプチューンだって厳しいことは決して言わないし。
 お ち び ち ゃ ん ! だしな。
 そこがたまらんのです。がいぶだいすき!!!
 


■セーラーカルテット/アマゾネスカルテット(敵)
以下メンバー名と性格(アニメより)
 ■セーラーセレス/セレセレ(敵)
 →お嬢様
 ■セーラーパラス/パラパラ(敵)
 →不思議系、幼い
 ■セーラージュノー/ジュンジュン(敵)
 →男勝り
 ■セーラーベスタ/ベスベス(敵)
 →リーダー格?、しっかり者
ちびムーンの守護戦士/Ssにおける敵チーム。子供。年齢は見た目小学生が無難。(実際は不明)
変身前とかは無い。ムーンにおける内部4人みたいな。
登場したタイミングもあるが、ちびうさとの絡みは意外と少ない。

セーラーカルテットは漫画のみのキャラ。アニメには居ない!!!
漫画では個々の性格が分かりづらいが、(アニメだと無邪気な子供の印象です)
アマゾネスカルテット時代の性格がセーラーカルテットにも引き継がれているのだと思う。
パラパラとかどーなるんだよ。あれで戦士が勤まるのか…
ぱらぱらわかんな?い!←名言

※セーラーカルテットってちびうさが一人前になったことの
 証であるキャラ(いわゆる”次世代”)なのになあ… アニメ版に何故出さなかったーーー!!
 ただし、アニメのアマゾネスカルテットは若干味方寄りのキャラになっています。
 そこで救われた感がある。憎めない奴らですよホント。カワイイよ?


《十番小学校の友人(同級生)》
■桃原桃子
桃ちゃんのこと。ちびうさの現代での友達。学校での一番の友達。
Rで出演、Ssでレギュラーキャラ化するのだが、実はSにもちらっと出演している。
RとSsで髪の毛の色が異なる。
家が中華料理屋。なぜかいつもチャイナドレス風の格好。
強気な性格。真っ先に手が出るという訳ではないがね。


■更級九助
ちびうさの現代での友達。ちなみに男の子。
家がそば屋。更級琴乃の弟。運動神経はいいらしい。
普段はちょっと頼りないところもあったりするが、
いざとなったら凄く心配して行動してくれるタイプ。
負けず嫌いで、陰で跳び箱を克服してるエピソードがある。
(この回はジュンジュンが九助に跳び箱を教えているレアな状況)
桃ちゃんとよくなんか言い合ってるな。


※ちびうさ、九助、桃の三人で仲良しグループ。Ssが顕著かな。
 この三人のなかでちびうさはしっかり者タイプである。
 うさぎたちが、中学生の癖に半ば女子大生の様な生活をしているのに対し、
 彼らはリアル小学生の生活を見せてくれます。アニメ参照。
 図工の時間に、運動会、放課後のようすetc..
 これがもー、観てて微笑ましいくらいなんだよ。小学生時代が懐かしい。


■大阪なるる
ちびうさの現代での友達。大阪なるの妹。「ちびうさ絵日記」内キャラ。
コギャルでブランド好き。コスプレも大好き(ムーンのコスプレをしていた)。
小学生コスプレイヤーとして敵とも戦う。
チョベリバ等のコギャル語(死語)を使う、異常にテンションの高い会話が特徴。


■神戸るるな
ちびうさの現代での友達。「ちびうさ絵日記」内キャラ。
なるるちゃんと同じ趣味で、一緒に行動している。
(なお彼女はマーキュリーのコスプレをしていた)
なるる&るるなはセラムン史上最強のトンでもキャラですな?。


■リリカ・ユベール
ちびうさの現代での友達。ある日現れた転校生。実は吸血鬼。
漫画「ちびうさ絵日記」&SSスペシャルで出演。
アニメでは普通の人間(レムレスが取り付いていた)
大使館に住む、お嬢様感覚のあるキャラ。


※実は学校系の友人はもっとたくさんいまして、
 解説するときりがないので目立ったキャラを載せました。



《その他》
■エリオス(ペガサス)
エリュシオンの祭司。ちびうさのほのかな恋のお相手。
夜な夜なちびうさは他に誰もいない自室で、エリオスに悩みを打ち明けたりするのです。
そして彼もまた、ちびうさに助けを求めるのです。「小さな乙女よ…」
馬に惚れるとかどうかしてるとしか思えないのだが、正体は人間形態なんで安心。
↑「ファンタジー世界の人間」としておくと理解が速いですな。

キス!しちゃった人。アニメだとそれ以上のことは無いのだが、
漫画だと、将来2人が本当にくっつくかもしれないと思わせる台詞が有るが…。
↑そういう意味でも漫画第4部はちびうさ達次世代にまつわる話かもしれない
アニメでは彼が居ないとセーラームーンとちびムーンは攻撃できません。
弱体化?


■ルナP
ふわふわ浮かぶ、ちびうさのメカおもちゃ。人格は無い。
「ルナP変化」で色々なものに変化する(傘や救急箱など)。通信機機能もある。
ちびうさが踏んでも潰れるが壊れない。凄いぞ未来のテクノロジー。



いかがでしたでしょうか?
ああ子供の世界って素晴らしい。

続きを読む

プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
ゲームメーター
Chick-Oの今やってるゲーム
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
2009年04月の記事
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。