スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルガムダンスの曲レビュー (4)

1995年以降のジャンル:バブルガムダンスの曲

記事一覧とジャンル解説はこちら

「Scandinavian Records」所属アーティスト特集。
バブルガム曲を多数制作していたレーベル。
今までもちょくちょく名前はだしてはいるんだが、まとめてみた。
PapayaとかBambeeとかな。


Hit 'n' Hide「Space Invaders」

女性ボーカル&男性ラップのグループ。さりげなくダンスマニア収録アーティスト。
多分私がバブルガムダンスの中で一番好きな曲。
エイリアンネタの典型的バブルガムソング。
歌い方がまろやかで、もうめっちゃくっちゃかわいい。
楽しさと可愛さのバランスが心地よいのだ。
PVも妙にCGとかエフェクトが上手く出来ていて、ビックリ!
ただし、あの踊りのセンスだけはどうにかならないものか!


Ni-Ni「1,2,3,4,5 007」

ソロ。元スッチーだかなんとか。
北欧産ダンスポップの良い所”すがすがしさ”を凝縮したような曲が特徴のニニさん。
この曲もその例に漏れず、キャッチーでしかも清涼感のようなものがある。
まあ、わんつーすりーふぉーと、数字を喋ってる時点でお子様だよな。
PVはどうにも見つからない。存在しない説。あれば見たい。見たいよー!




3.2.1.「The Ski Song」

かなりレア分類のアーティスト。三人組。
単発モノだがこの曲、バブルガム頻出プロデューサーJonny Jam&Delgadoの手によるもの。
曲の雰囲気はキャッチーさの薄いSmile.dkみたいな感じ。
お子様感はあまり無い曲だが、ダンスポップとしては耳になじみやすく聞きやすい曲。
途中のラップ部分(?)をもっと頻繁に入れたらメリハリのある曲になりそう。惜しい!

ちなみに、管理人がこの曲聞いたのはネットラジオの中でした。
その後、海外コンピの収録曲として入手。本物シングルは未入手。それでもいいか。

続きを読む

スポンサーサイト

きゃらめる駄文せん(4)

去年の暮れ、
最後の悪あがきのようにリリースされたCaramell関連の曲の話。
ウマウマではない!Caramelldansenだ!!

《クリスマスバージョン?》
まずは↓こちら(iTunes試聴)でご覧あれ。
Caramell - ??????????(???)?????????? - Single

・ウッーウッーウマウマ(゜∀゜) (スピーディーケーキ・クリスマス・リミックス)
 速いSpeedycakeリミックス。

・ウッーウッーウマウマ(゜∀゜) (クリスマス・リミックス)
 原曲テンポのリミックス。

の二曲で、どちらもキラキラしたクリスマス調のリミックス。
もちろんこのサイト一押しは (クリスマス・リミックス)の方ですね。
もしやこの一連のウマウマブームで、
唯一の原曲を元にしたリミックスなのでは?


《英語版》
Carinhoのシングル「ぷんちきぱやっぱー」(原題「Caipirinha」)に
なぜかCaramellの曲が収録されている。

これも↓こちら(iTunes試聴)でご覧あれ。
Caramell - ??????????(???)??

・Caramelldansen (Original Version)
 速くない、まったくの原曲

・ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) (English Radio Version)
 英語版:Speedycake調の速いテンポ

この英語版というのがどうも謎で、速くなってしまっているせいか、Caramell本人が歌っている物なのか、分からないのであります。
速度が普通バージョンがあったら買ってたかも。


《本家復活!!》
本家公式サイトがいつの間にか復活していた。
http://www.caramell.nu
例の英語版はここから発祥の模様。一応公式ソングのようです。
う?ん、最初この一連の記事書いてた時には(しかも数年に渡って)消滅していたのになあ。売れたから復活したのねw


《おまけ》
Gott Och Blandat
Caramell - Gott Och Blandat
今はもうレアものと化した1stアルバムが買えます。
最☆高!

ゲームレビュー テイルズオブエターニア (その2)

久々のまとも趣味入りまくりなゲームレビュー(長文)

長くなったので2回に分けました。以下リンク。
(その1)正統派レビュー 
・(その2)私なりの楽しみ方 ←今回です

小さい写真はクリックで拡大可。

主に戦闘の楽しみ方の話。
正確には、「ファラを戦闘キャラにしてプレイのススメ」レポート。
みんな、いくよっ!


《無鉄砲格闘少女の存在 ?管理人がエターニア好きの理由?》
面倒くさい発言の多い主人公と、理屈っぽい体力無いガリ勉と、異国(仮)から来た言葉の通じへん少女。彼らを序盤、無鉄砲にポジティブに引っ張っていくのがヒロインであるファラ嬢です。全ての困難を「イケるイケる」で粉砕し、まるで勇者がごとく、人助けに頑張るその様にマジ惚れ。
IMG_1919.jpg
↑いのまた絵は実は苦手だったりする…。ドット絵可愛いからいいや。


この序盤展開がいつ終わってしまう(いつリッドが主人公らしくなる)のだろうと不安に思いながらプレイしていましたね。RPG経験があるのも困りものです。

ぶっちゃけ彼女のお陰で本当に楽しかったです。
何が良いって、上の性格&戦闘の楽しさ&声優さん大好き効果の総合評価ですな。

さて、本題。


《エターニアの戦闘とキャラ》
このゲーム、戦闘の操作キャラを変えることが出来るのですよ。
しかし、実際プレイヤーが操作するのは
近接戦闘系のキャラが中心になると思います。
つまり、主人公のリッドとヒロインのファラです。
(フォッグは!?…遠距離系かな)
普通にプレイすると"特別な技"の関係もありリッドを使う方が多いと思います。
(操作キャラ変更可に気付かない人もいるのでは?)
おそらく、ファラを使うと難易度が多少上がるはずです。
操作してみたものの、扱いづらくて結局戻しちゃった人もいるでしょう。
(初期の私がそうでした。ザコに瞬殺された。)
が、強さ云々では無い魅力がありましてですね… 


《戦闘面》
ファラさんはロングスカートのクセして格闘系女子キャラ。
言うなればドラクエ2のサマルトリアの王子的存在。
つまり主人公ほど強く(特殊能力)は無いが、回復技が使える、近接戦闘を行えるキャラ。
しかし使えないキャラではない。決して弱くはないし。
むしろ、私は扱っていて楽しいタイプと思う。以下特徴。
★殴る蹴る、気を放つ等の攻撃+回復技。
★技繋げるのが凄く気持ちいい。繋げることに重点が置かれている。
★技ごとの役割(空中の敵、コンボ開始、コンボ締め向きなど)がはっきりしている。
★ファラのいる位置:地上か空中かを考えて技を出す必要がある。
★空中の敵を地上に落として、隙を作るみたいな戦法はやりやすい。
★範囲が広いリッドの攻撃に対し、敵を狙っていかないと攻撃が当たらない。
★攻撃力低め&当たりにくい=技使う=TP消費が激しい=序盤は辛い。
 オレンジグミの異様な消費っぷりに嘆き。
★操作キャラをファラにする=自動でのHP回復役が消える=序盤は辛い。
 回復の晶霊術ヒール覚えるまでキツいかも。
★防御が低いのか、よく死ぬ。あまり攻撃には耐えられないのかも。体力が少ない?

どういう戦闘をすれば良いのかというと???
通常攻撃のみでは大したダメージにならないし、反撃も受けやすい。
技を積極的に、うまくコンボで繋げるように使い、敵に隙を与えないこと。
ファラの技はリッドの技に比べ、飛び道具的なもの(例えば魔神剣)が少ない。
よって敵の懐に飛び込んでいかなければならない。
近づいても反撃を受けないタイミングを見定めるのが重要である。
(遠くから魔神剣連射♪みたいなセコい技が使えない…)
これらが上手く決まった時の爽快感がタマラナイ…!


《華麗なるパーティによる華麗なる戦闘》
IMG_1914.jpg

理想のパーティ組んで、ひたすら戦闘。特に意味はない。

ファラ:華麗なるパーティの操作キャラ(近接)
 空中も使う、流れるような攻撃が最高。そして可愛い(最重要)
 慣れるまでは、拳のリーチが短くて使いづらいのだが、
 ジャンプと対空技、空中技の使い方が分かれば十分フォロー可。
 基本はジャンプして鷹爪落瀑蹴をぶっ放してスタート。←空からなので当てやすい
 ひるんだ敵を、後は好きなように料理。
 飽きたらおっちゃんに付けておいたショートカットでシメてもらおう。
フォッグ:華麗なる演出係(遠距離)
 エレメンタルマスターの神かっこ良い演出がメイン。
 しかし、この技を使うと大抵の敵が逝ってしまうのが難点。最後に使おう。
 おっちゃんキャラが大好き!豪快なおっちゃんが好きだ!!
 合間合間に炎を打たせて戦闘を引き締めます。
チャット:華麗なるお茶目役(遠距離)
 たまにピコハンが飛んで来る、かわいい…
 アイテムを盗もうとするけど、なかなか上手くいかない。 かわいい…
 なんとかして戦闘で使えるキャラにしてあげたいのだが、良策求む。
メルディorキール:華麗なるアクセント(魔法)
 メルディならクイッキーも付いてくるのでお得。
 キールなら戦闘後のツンデレ発言に期待。
 間違ってメテオスウォームなんて唱えてしまうと、華麗なる戦闘が見えなくて泣。
 サンダーブレードで締めるのもカッコいい。
 サイクロンもカッコいい。

色んなキャラの技をどうぞ
IMG_1895.jpgようそうらくばくしゅう(うえからつっこむ)
IMG_1901.jpgししせんこう(か?め?は?め?っはー)
IMG_1906.jpgさざんか(げしどかばしぐきょ)&ぴこはん(ぴこぴこはんま?)
IMG_1907.jpgいらぷしょん(ほのおどっかーん)
IMG_1869.jpgふりーずらんさー(こおりでまえがみえません!)
※実際は動くとキャラは見えてます



《ぶっちゃけたはなしいろいろ》
おや、赤毛で薄着の彼ですか?ちくわは最後まで彼が好きになれませんでした。
終いには戦闘主要メンバーから抜いてしまいました。ごめんなさい。
つーか、エターニアは私の中で好きなキャラと嫌いなキャラが存在した珍しいゲーム。
いつもは好き嫌い特に無いのだけどね。これもキャラの個性があるせいか。

そして、ちくわさんの中でワイプアウト以来のイヤホン推奨プレイゲームになってしまった。
曲じゃなくて、声な。ああ、桜庭さん曲はVPの戦闘曲の方が好きっす。
↑「未確認神闘シンドローム」や「Confidence in the domination」のこと。

それなら、とやってみた。(合ってるしカッコ良くなるのでオススメ)
IMG_1856.jpg
はは?ん、音消せるのか。あとで色々やってみよ。
エターニアやってるとヴァルキリーやりたい病が発生したわ…
てかなんで例がワイプアウト?そりゃあ好きな曲(高音ボーカル物)垂れ流しだからですよ。

だからエターニアは戦闘ゲームなんだって、
以上。
終わりぃ!!

IMG_1916.jpg
ぽつん…はあ、早くラスボス倒してボイステスト出現させたい…

ゲームレビュー テイルズオブエターニア (その1)

久々のまともなゲームレビュー(長文)
私にとっては懐かしのゲームの分類。
リアル発売当時、友人がエターニアにハマってて、ゲームプレイを見せてもらったり、エタポケをダウソしてもらったりしました。
そして今またプレイ。うん、楽しいわ。
IMG_1875.jpg
↑私、一度PS版でクリアはしてるんだが、PSP版で再プレイしてみたぞ



長くなったので2回に分けました。以下リンク。
・(その1)正統派レビュー ←今回です
(その2)私なりの楽しみ方


ネタバレはしない方向でv 安心!


《こんな人に向いています》
・ストーリー的にオーソドックスなRPGがやりたい人
・ダンジョンの謎解きが好きな人
・リアルタイムアクション要素がある戦闘がやってみたい人
・少ないパーティでの冒険がしてみたい人(濃いメンバー間のイベント)
・キャラが喋ることに魅力を感じる人(イベントでのボイス)
・ミニゲームが好きな人(特にウノ似のカードゲーム「ウィス」が最強)  


《基本事項》
・PSのRPG(PSPで移植版が出ています)
・向かい合う上と下の世界からなる世界の危機を救う。
(空を見上げると、もう一つの世界の地面が見えるのだ)
・この二つの世界は交流が途絶えており、対照的に描かれた世界。
・メインキャラは幼なじみの3人組と異世界から落ちてきた少女の4人。
 他に2人いるがストーリー進行上関わりが少ない。


《PSP版について》
・基本PS版のベタ移植
・ポケットステーションを使うエタポケが無い
・画面の動きが滑らか!キレイ!(おそらくフレーム数60なのでは?)
・ムービーが1つ追加



《シナリオ メインストーリー》
序盤から「世界の危機:グランドフォールを救う」そのために行動しています。
漠然とした少年少女の冒険が、マジな冒険になる様を描く、とまとめてみる。
「世界の危機」になってしまった背景は、作中で明確に語られることがない。
(↑何故ラスボスがよみがえったのか、とか)
細切れのイベントからプレイヤーが想像しなければならない。

良い意味でも悪い意味でもオーソドックスなんですよ。
ある程度RPG経験があると先が読めてしまう。
単調な精霊集めもハラハラ感を減退。
アツい展開(注1)みたいなのも特になかったし。うむむ…
ストーリー展開では前にやったファンタジアの方が優秀な気も。



《シナリオ キャラ関連》
「世界の危機を通して主人公たちが心理的にまとまっていく話」
むしろこれがメインストーリー!!!
メインキャラが序盤から居る4人に限られるので、
長い冒険の中での彼らの心境の変化が手に取るように分かります。
キャンプスキット(注2)を聞けばより理解が深まります。
怠け癖のある主人公リッドは、いかにして正義感が芽生えていくのか、そして
理屈型勉強家のキールが見事なツンデレになり性格が丸くなっていく様は必見。
少ないメンバーでの利点がこういう所に表れています。

そう考えると、サブキャラクターとの関わりが薄いかな?と思ってしまいます。
彼らの描き方には、異文化交流みたいなものがテーマにあるようで、
対照的な二つの世界を表現する重要な役割を持つと思うのだが。


《システム》
特徴的なものを列挙してみた。
・セーブは基本的にいつでも出来る。
(ダンジョン内のロードは特定の場所から)
・料理という回復アイテム以外での回復手段があり、
 ダンジョンでもHPやTPが尽きにくい。


《戦闘》
言おう、エターニアは完全に戦闘ゲームだっ
 (ってテイルズはみんなこんな印象か?)
2Dのリアルタイム戦闘。おそらく、最近のと比較するとシンプルな部類。
オート、セミオート、マニュアル(アイテム必要)操作が可。
攻撃、防御、そして技のコマンドを駆使して戦う。
コマンドと言っても十時キーを組み合わせる程度。
格闘ゲームのような複雑なものではない。

この戦闘が何ともスピーディーで面白い!!
技がコンボで繋がるのですが、それが決まった時は本当に爽快!
空中の敵、地上の敵、敵の大小と対処の仕方が微妙に変わるし、
仲間を気遣う戦い方もしなきゃいけないし。相手の隙を見計らうのもまた良し。
ある程度この手の戦闘を心得ている方は本当に楽しいと思う。
3Dの立体感ある戦闘とはまた違った戦略を求められます。


《総合》
RPGの基本を貫いたRPG。サブイベント、ダンジョン等やり込み要素もたっぷり。
オープニングアニメこそありますが、
作中ではドット絵のキャラクターが活躍するので、アニメっぽい印象は特に受けません。
IMG_1868.jpg
↑マップやキャラはこんな感じやね

シナリオは、少ないメインキャラを好きになれたら幸せになれます。
仲間との絆。たしかにそれは感じる。皆が皆を信頼していく様は微笑ましいもの。
が、メインストーリー目的でやるのはやめておいた方がいいかも。
シンプル過ぎで消化不良&唐突。
序盤の雰囲気は好きだな。

むしろこれは上で述べたように戦闘ゲームです。
アクションの技術は確かに要求はされるが、
それほど理不尽な難しさを誇るゲームではない。
慣れた人なら簡単に思えるくらい。難易度を上げることも可能。
いかに敵を効率よく、かっこ良く、強敵でも倒せるか。
この追求にハマった瞬間、良ゲーに早変わり。
ただ、このテイルズシリーズ、声優ゲーと見なされることもあるようで…。
そちらでハマれる人はさらに幸せになれるでしょう。

(その2)に続く。


(注1)アツい展開
例えばファンタジアなら冒険の動機(←敵討ち)自体がアツい(燃える)展開。
なにくそー!と思う心でラスボスを倒しにいってますから。
エターニアのアツい展開…。核となるそういう場面が思いつかない。
○○○が主人公たちをかばったシーンか?しかもこのキャラ、立場上感情移入しづらい…。



(注2)キャンプスキット
テイルズシリーズおなじみのパーティメンバーが喋るシステム。
喋る内容は、シナリオに関係したものだったり、
キャラ個人の内面を吐露したものだったり、他愛も無いギャグだったり様々。
イメージとしてはドラクエの「はなす」システムの音声版という感じ。


NAOKI feat.SMiLE dkって?

うお?ん!みんなごめん!

あたしゃ大事な曲忘れてたわ
例のDanceDanceRevolutionXですが、
Smile.dkさんはあの、NAOKIさんとのコラボ曲もあるみたいで…

NAOKI feat.SMiLE dk.の「A Geisha's Dream」なんですが。



琴!琴!琴!琴!これでもかっていう日本全開。
復活後は完全に日本趣味ということを全面に押し出してるようですな。
どの辺がNAOKIっぽいのかよく分からんのだが。ちょっとテンション高い?

一応、DDRXのサントラは発売してるようなので、
これも収録されてるでしょうね。

ローラーガールの「Geisha Dreams」とは無関係(笑)

今更ですがPSPって凄いな《PSPで出来ること》

PSP(プレイステーション・ポータブル)って
色々出来るんだなあと関心するコーナー。
出来ることを挙げて見る。

なおカスタムファームウェアは未導入です。


《PSPで出来ること》
俺所持機:PSP1000ピンク
・ゲーム
  →当然といっちゃ当然。PS2に迫るクオリティが出る。
   PSのゲームの移植も多いな。
   ソフトによっては無線での複数人プレイ可。
・映画(UMD形式の円盤で見る)
  →見たこと無い。映画見るならメモステに保存の方が良いような?
・USBでパソコンとつながりデータのやり取り
  →音楽や動画などのデータは全てUSB接続でPSPに入れられる。
   それらは「フォルダ」で管理され、セーブデータのバックアップも可能。
   Macユーザーでも大丈夫。
・MP3プレイヤー(それ以外の形式も聞けるけど)
  →iPod等プレイヤーよりもデカクて、重くて、持ち運び向きではないのだが、
   他の機能もあって、さらに音楽も聴けるのが凄いんだよな。音質も悪くないですし。
   ビジュアライザ機能(音にあわせて変化する映像)もあります。
・動画プレイヤー
  →正直、映画等の長尺モノはPSP用にエンコードすることを考えると辛い。
   それよりも短い、例えば音楽PVの様なものならば、扱いやすい。
   youtube動画も最適。布団の中でウハウハ!
・静止画プレイヤー
  →あまり使わないな。パソコンでいいよ。
・ネットラジオ(要無線LAN)
  →Shoutcastのシステムを使ったラジオ。
   あのどんなジャンルでも存在するネトラジ局です。
   無線LAN常時接続の環境なら幸せになれます。
・ネットサーフィン(要無線LAN)
  →ブラウザが扱いにくい&読み込み遅めなので、
   パソコンのテキパキとした反応が好きならば、使うことは無い。
   使えますよ?程度。
・ゲームがネットで買える(要無線LAN&PSNアカウント)
  →PSP用のゲームのごく一部と、
   PSPで動くPS(初代プレステ)のゲームが買える。良い時代になりました。
・「まいにちいっしょ」が見れる(要無線LAN&PSNアカウント)
  →どこいつのトロとクロがくだらない?情報を毎日配信してくれるソフト.
   基本的に無料だが、有料のミニゲームがある。
   ゲームの宣伝もあるが、ネタ自体は面白いです。伝説の怪物の話とかあったな。
・別売りオプションでワンセグ見れる。(型番2000以降)
  →ワンセグって基本携帯で見るもんじゃない?と思ったり。
・映像をテレビ出力可能。(型番2000以降)
  →いろいろ制限があるっぽい。詳細が分からん。


《私の使い方》
ここ数ヶ月はPSPメイン。完全に布団の中&電車の中遊びマシンと化しています。
今はワイプアウトPulse(レース)とモンハンP2G(アクション)のローテーション。
これにテイルズエターニア(RPG)とパネキット(工作)、
そしてまいにちいっしょ(無料情報)が加わる。
↑やってるソフトに一貫性が全くないわ。
 しかもPSPにこれ以上欲しいソフトがあまり無い。
 …ってもう既にエターニアとパネキットは初代PSのゲームじゃないか。
 あとはデュープリズムがあれば最強なんだが。リメイクきぼんヌ!


基本的にこれらゲームの為に買ったPSPですが、
簡易ムービー再生マシンとしても大活躍しています。
IMG_1805.jpg
↑バブルガムダンスとか
IMG_1804.jpg
↑セラミュとか

大事なことは「何時でも何処でも手軽に」ってこと。
テレビの主導権を気にしなくていいし、
映像のためにいちいちパソコン起こさなくていいし。

ゲームレビュー パネキット(PSP版)

 まーたマニアックなゲームやなこれ。
今回はPSきってのレアゲー(だった)、パネキットです。
ゲームアーカイブス版も発売され大変入手しやすくなりました。

IMG_1808.jpg
制作画面
PSPからデジカメ撮影。結構きれいじゃないか!



《基本事項》
・PSのその他ジャンルのソフト。(工作系だな。モデルを作っていく)
・ゲームアーカイブス(psp ps3)で配信中。
・バラエティに富んだ広いフィールドで与えられた課題をこなしていく
 (車や飛行機レース、銃撃系、遠投、ボーリングなどなど)
・その課題をこなす上で必要な、様々な機能を持つモデルを作る
・モデルには空気抵抗、重力や動きの反動など、リアルな物理法則が適用される。
 (物理法則を考慮しないとモデルがひっくり返ったりしてしまう)


《こんな人に向いています》
・プラモデルやレゴなど作るのが好きな人
・目的のために試行錯誤するのが好きな人
・ストーリーなんて要らない人


《概要》
「自由度の高すぎるプラモデルを作れるゲーム」ですな。
レゴを組み立てる感覚に近い。ゲームというより工作ツールである。
関節のパーツ、モーターのパーツ、タイヤのパーツなど、
動く機能を持ったパーツと、レゴのブロックにあたる「パネル」を組み合わせて、
何でも作れてしまうゲームです。
本当に何でも作れて、車、飛行機やヘリコプター、変形ロボも作れたりします。
ボール投げに特化したもの、動物の動きに似せたものなど言えばきりがない。


《感想》
めっちゃめっちゃ楽しいです。作るのが。そしてそれを動かすのが。
自分が割とクラフト好きで、作りたいものがしっかりと存在するからだと思うが、
そうでない人は、一通りフィールドを巡ったら、飽きちゃうかもしれない。

モデルを作ってもそれが思い通りに動くとは限らなくて、
パネルで羽を作り、エンジンを付けたからといって、飛行機として飛ぶとは限りません。
何回もパネルの位置、角度、数を試行錯誤して、バランスよく作らなければ飛ばない。
その過程が楽しくてしょうがない。
そういうのが好きな方には超オススメ。
組み立て画面、ツールもまあまあ使いやすいし。(改良の余地はまだあると思う)

自分でつくったモデルをなんか見せようかと思ったが…
とてもじゃないけど見せられるもんじゃないわ。
難しいですね。
プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
今やってるゲーム
基本的には洋ゲーマー。でも雑食。
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
2009年02月の記事
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。