Just Danceがユーロダンスの宝庫だった件


日本全国のユーロダンスファンのみんな!

Just Danceとゆーダンス系音楽ゲームの話。
ですが、あくまでも、音楽(ユーロダンスな収録楽曲)の話です。

Just Dance_01

ちくわん氏はダンスゲー、DDR経由で洋楽に触れ、どハマりしたクチです。
だいぶ前に離れたのですが、(それ系の収録が無くなったのが大きかったです)
またダンスゲーに戻ってきてしまいました。なんでかって?

英語圏から見たらすげーマニアックなユーロダンス楽曲が
Just Dance(2018)でふつーに日本からでも遊べそうだったからだよ!!
でいうか洋楽好きは持ってて損はない。踊るって楽しいぞ。
あとほとばしる楽曲愛。ヤバイ。


Just Danceってどんなゲーム?


・画面のダンサーの動きに合わせて踊るゲームだ!ジャンルはダンスゲーム

・PS4、WiiU、XBoxOne, Switchで遊べます。日本版はないです。

・流行の、もしくは過去の有名楽曲で踊れるのが特徴。
  基本的に洋楽。ケイティペリーとかレディガガとか。

・かつて日本版があったときは独自のJ-POPな曲展開もしていました。

・いわゆるビーマニ系な音ゲーとは趣向が異なる。
  スコアを競うというより、振りを覚えて踊る、判定も比較的大雑把なライト層向けの調整。

・かつては踊りの動作認識に周辺機器が必要だったが、現在ではスマホでもコントローラーになる。
  Nintendo SwitchならJoyConがついているので他に何もいらない。


ゲームの雰囲気がわかる動画。Switch版。
Switchならモーションコントローラーがついているので、追加でアレコレ用意しなくて良いですね。


今回紹介するのはJust Dance2018のUnlimited版という、
通常ソフト+月・年課金で今までのシリーズの楽曲を遊べるようになるバージョンです。
一度に300曲位遊べるようになります。
(買い方は後述します。日本未発売なので、ちょっと一手間入ります。)


ユーロダンス曲が収録されてる件


まずはJust DanceのUnlimited版の収録曲を見てみましょう。↓の画像はホンの一部
Just Dance_02

これ、世界的に流行った洋楽(特にアメリカを中心とした)を集めたものなのですね。
洋楽界のポップなダンス系流行歌が分かるので、こっそりこのゲームの動向は追ってたという。
逆にいえば、邦楽派の方は全然ピンと来ないんじゃないかと。

Just Danceって、もうシリーズを10作近く重ねている長寿ゲームなんですが、
実はユーロダンス系の楽曲が毎回1、2曲収録されてるんです。
でも何十曲あるうちの1、2曲じゃ購入動機にならないでしょう?
しかし、Unlimited版で過去シリーズ楽曲を集めてみると…、何曲も遊べることになるといいますか。

ざざっと説明するとこんな感じです。お納め下さい。
Just-Dance_3.png
ちなみにWhat is loveとBlueに関してはカバーです。それぞれHaddawayとEiffel 65の曲ね。

ちなみに、過去作全部の曲がUnlimited版にあるわけでは有りません。
たとえばユーロダンス系ではRihanna/Only GirlTechnotronic/Pump Up The Jamがそれです。
アンリミに入れてくれー!!


楽曲へのリスペクトが凄い


いきなりマニアックな話なんですが、そもそも私のこのゲームの購入動機は、

Just Dance2018のUnlimited版に、
ДЕМОのСолнышко(DemoのSolnyshko)という、
ロシア産90sユーロダンスが収録されていたから、でございます。
日本で例えると、TRFの昔のヒット曲が最新ダンスゲーに収録された!ってノリ。


これです。すげーユーロダンスです。彼の地でとても人気のあったグループなのは間違いないのですが、なぜ90年代産のこの曲が、2018年に入って全世界向けにも収録されていたのかマジで不明。t.A.t.uみたく世界的ヒット飛ばしてる訳では無いぞ!? 大げさに言えばこの一曲のために8000円投じました。

このゲームのプレイ画面は凝っていて、
実際のMVを元にした演出がなされることも多いです。
この曲もエレベーターからダンサーが出てくる演出があるんですが、実際のMVを意識したものなんです。知ってたらニヤニヤしてしまう。


で、振りつけもなーんか既視感があるなあ…と思ってたら、
あるライブ動画のサビの振りがほぼまんまでして、Hoooooooooohhhh!
いやー凄い。これは凄い、マニアックすぎwww これで踊れるのマジで!!ありがとうああああ!!(ただのファン)


つまり、楽曲愛がすごい!めっちゃ研究してる!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もっと分かりやすいユーロダンス曲で言えば、

はい、比較画像↓ MVのまんまじゃないですか!

O-Zone /Dragostea din tei
Just-Dance_04.png
実際のMV(右)は飛行機の上で踊るO-Zoneの3人って感じですが、
ゲーム画面(左)はそれをモチーフに華やかに昇華してくれて、ダンサーさんも飛行機の上で踊ってます。

そして、アンリミテッドな二人。これは、プレイヤーがどのキャラの振りで踊るかの選択画面。No Limitを選曲したときです。
どう見てもRay&Anitaだwwww テンション上がるwwww
Just-Dance_05.png

2 Unimited/ No limit

この振りつけもやたらとパンチを多用してて、すごくそれっぽい。
(一応MVみるとパンチっぽい雰囲気の動作はよくしてる)

2 Unimited/ Trival Dance
Just-Dance_07.png
これもパンチる曲。腕が疲労!
これ背景がピンボールゲームになってるけど、違うんじゃ?
あれはNo LimitのMVのネタだよ…。ジャングル風にしてほしかっなあ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このように元ネタに合わせている楽曲もありますが、
そうではない楽曲も多いです。
が、それらがダメなわけではなくて、より踊りやすい、分かりやすいモチーフに変えてあるので結構好印象です。

ユーロダンス楽曲じゃないけど、Ariana Grande 「Into You」がなぜか和モチーフで唐突でビックリした。着物風衣装に梅の木!MVにもそういう要素ないのにね。彼女の曲で日本モチーフなのはちょっと嬉しい。Just-Dance_03.png




ワールド・ミュージック要素


Just Danceはワールド・ミュージック要素があり、非英語の楽曲もいくつか収録されています。
ダンス曲では定番のスペイン語とか、フランス語とか、イタリア語とか、ドイツ語とか、ロシア語とか、ポーランド語とか、韓国語とか。あ、あと日本語楽曲もある(主に海外ウケのいいボーカロイド系)これらの楽曲がどの国のひとでも遊べてしまうわけです。

個人的にはDisco Polo系が収録されてたのがビックリした。よくこの手のを載せたなあ。
※Disco Polo:ポーランドのダンス音楽のジャンル。民族系音楽に由来。
 影響されたジャンルの一つがユーロダンスだそうで。ていうかすげえユーロダンス似。



ワールド・ミュージックな楽曲も、近年はYouTubeなどで簡単に聞くことができます。
そして、非英語な世界に知られたヒット曲も時代を超えて存在します。
Just Danceに載っているのはそういった有名楽曲が中心です。 \の、99 Luftballons!!!/

が、いかんせん異国の言葉、地域も世界各国ですし、
「どうすりゃいいのかわからん」というのが正直なところでしょう。
そういった楽曲に簡単に触れられる、というのはめちゃくちゃ大きな魅力です!


Just Danceの購入方法(メモ)


今の所日本で発売されていないJust Dance2018の購入方法をメモ。
一応自分が買ったPS4版で。詳細は適当にググって見つけてください。

1.PlayStation Network(PSN)の北米版アカウントを作る。

2.その北米アカウントでJust Danceが売られていることと、値段を確認します。
 (デモ版もあるのでこの時点で雰囲気は試せますよ!)
Just-Dance_06.png

3.PlayAsiaで北米版PlayStationStoreのカード(オンラインでコードが送られるもの)を買う。
 いや別にPlayAsiaじゃなくてもAmazonとかでも買える。中の人が慣れてるからここってだけ
 ソフトの値段分あればOK。Unlimited版を継続したいなら余計に買いましょう。クレカかPaypalあれば買えます。

4.PSNでコードを入れてJustDance購入!これにはUnlimited版の三ヶ月権利もついてました。

5.日本のアカウントでも起動はできるけど、北米版アカウントのほうで遊びましょう。
 Unlimited版はこちらでしか買えませんし。


感想


さてこのゲーム、上に特別書いてはなかったのですが、
「収録曲がフルバージョンである」という音楽ゲームとしての大きな特徴があります。
これはズバリ、「3,4分間踊り続けなくてはならない」という意味ですが、
「一つの完成された曲を堪能できる」最大の魅力でもあります。

おそらく、アーケードゲーム化されていないから出来たゲーム性(※お客さんを数 回さなくていい)だとは思いますが、これが音楽聴きたい派の人には本当に嬉しい仕様でした。あの間奏部分も全部踊れるのスゴい!!みたいな。

もう一つの特徴が、やっぱり「再構成されたMV状態なゲーム画面」でしょうね〜 
やっぱりこのあたり凝ってるのは洋楽的に有名どころ。
Lady Gaga/ Born This Way あたりは全く元MVとは別モノですが、これはこれで良くできた映像です。
物量とカメラワークで攻めてる感じが◎

ダンサーの人の服はこうきたかーって思いましたよ。(ハーフな衣装はMVのスーツとランジェリー姿がモチーフかな)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>え、一番踊ってて楽しい曲ですか?
 いやもうぶっちぎりでRednex/ Cotton Eye Joeですよ・・・

>なんでかって?
 曲のキリのいいところにある、Bangな決めポーズがイカしてるからですよ。

>よくわからないって?
 動画じゃわかんないので、是非とも買って踊ってください。
 あと腕を振るから肩こり治るよ!(実話)
 と、健康的な宣伝マンになって締め。


テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

tag : ユーロダンス JustDance

Alexandra Stan アレスタ・ツアー ライブレポート 

日本全国のユーロダンスファンのみんな!!

ルーマニアの小悪魔ビート・プリンセス(宣伝原文ママ)
そして現代を生きるユーロダンス系アーティスト
Alexandra Stanちゃんのライブレポート。


2016/08/24 アレクサンドラ・スタン アレスタ・ツアー @東京
クリックでビラ拡大
alesta_04.png alesta_05.png


《そもそもの動機といきさつ》
先に言ってしまいますが、
ちくわん氏は彼女のアルバムや曲を全て聞いている訳ではありません。
ただし好きな曲はめちゃくちゃ好き。

今回行った動機も
We Wannaが聞きたすぎた そんなわけでございまして。
この曲な↓


今回二回目の単独ライブなんですが、
去年の単独ライブ時にはやってること自体を知らなかったんですよ!
彼女フェスに来てたのは知ってたが、まさか単独ライブをやってるなんて思ってなかった。
あのMr. Saxobeatのヒットから数年経っているのに来るとか!


いや、知っててもスルーしてたかも。
というのも2ndアルバムで
ユーロダンスからダンス・エレクトロニカ的に路線変更しちゃったんですよね。

しかし、去年、例のInnaとのコラボ曲↑がリリースされて
それがとんでもなくユーロダンスで素敵な曲でして。
そして今年3rdアルバム「Alesta」のリリース、
『ユーロダンス曲に帰ってきてる!』
日本でまたライブをやるよ、と情報が流れたのも、まもなくのことでした…。



《ライブレポート 本編》
会場はこんなん。1000人いかない位?
alesta_02.png

ぐるっと見渡して、客層は…中若男女って感じ。
海外アーティストということもあって、20-30代がメイン客層かな。
親子連れや、ライブ慣れしてない感じの人もいたね! ホント色々。
男女比は、男性ちょっと多めくらい? 素で音楽好きが集まってる感じ。わかるかなぁ〜

こんな有名アーティストがこんな近くで見られるなんて!
って声が聞こえてきたぞ〜 ぐしし。そうでしょうそうでしょう。


ーー始まった!ーー

「Balans」のイントロが聞こえ、
大歓声と共にアレスタちゃん登場。「We Wanna」と続けて歌います。
バリッバリの生歌できっちり歌える人じゃん!!
まあ色んな動画で大体はわかっていたけどw

alesta_01.png
その…人の陰で…あまり…見えなかったん…だよ… 肉眼ではもっとちゃんと見えてる


途中アルバムからの新シングルカット曲「Boom Pow」も披露しつつ、
分かった曲は「9 Lives」とか「Kiss Me Goodbye」「Get What You Give」「I Did It Mama」とか
最後の最後には聞きたかった「Mr.Saxobeat」や「Get Back (ASAP)」もちゃんと歌ってくれて
も〜〜〜〜〜〜〜〜感無量!!! 
Mr.Saxobeatがやっぱりいちばん盛り上がってたねw キラキラ笑顔で歌ってくれてるんだこれがまた。可愛かった〜

途中本人感極まってる泣いてるで…!!ってところもあったりして
こっちまでもらい泣きしそうでヤバかった。
アンコールは「We Wanna」だった、最高!!!

たっぷりノンストップ一時間半のライブは幕を閉じました…



《感想》
全体を通しておもったのは、
意外とノリノリダンス曲多めだったということ。
アルバムの印象と全然違う!予想以上にキャッチー。
選曲もそうだけど、ドラムス&サックスの生演奏メンバーがいたのも大きいかも。

ていうか、CDで聞くのと生で聞くのと、全然違うから
行けたらぜーーーーーったい見に行ったほうが良い。
特に、次いつ会えるか分からない、海外アーティストは。
とっても楽しかった!ありがとう!!

グッズも買ったで〜!
alesta_03.png



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ユーロダンスCD購入記(2010年10月)

あーまた一回休んでしまった?
仕方ない、仕方ない、
つことで今回は最近買ったCD報告なり。

Ni-Ni『Mermaid』
IMG_2592.jpg
北欧系バブルガムダンスの元スッチー、ニニ嬢のアルバム。
日本盤。いや日本盤以外確認できない。

え?まだ持ってなかったの?って声が聞こえてきそうですが。
これには理由があって、この手のCDは《ブックオフで安売りしてる》のが常で、
当然このCDもあるだろうと数年に渡って探していたのですが、
全く見つからず、あまり放置すると本当に入手できなくなる可能性もあるため、
諦めてアマゾンで買ってきました。1000円台で買えますよ?


さて中身。
同じScandinavian recordsのPapaya、Bambee辺りと比べると
えらいあっさりしています。声質が。(あの人たちが異様にキュートな声(←主観)なだけだな)
それもあってか遊び感というより、落ち着いた爽やかダンスポップな印象です。
が、「Dabbi Doo」などは

サビのダッビダビダビドゥードゥードゥー!部分とか
メロでもダリラリラリ言ってたり、リフの超分かりやすいシンセメロディとか
あの爽やかさでバブルガム魂を見せつけるという素晴らしさ!
「Spacy Crazy Girl」の哀愁漂う音作りも好きだな。
ボコーダー処理が上手く効いてますね。

でも私的には一番は「Be Together」のカバーでしょうか(思い出補正効果)。

なぜかキラキラしたサウンド、ユーロダンス風になってるけど違和感無いしね。
鈴木あみ(敢えてひらがな)の元版より展開が淡々としてると感じるのは何故?



芭比『放電 (Discharge)』
IMG_2588.jpg
台湾の2人組グループ芭比(バービー)。
BOBっつーのは彼女らの別名なんでしょうか?分からん。

!?ユーロ圏じゃない?うん、アジア。
コメ欄で教えていただいて以来、あまりに趣味で気になって買っちゃった。
どこのカテゴリに入れていいのか分からんのでここで紹介。
というのも、彼女らの曲はユーロダンス系ダンスサウンドが大部分だから。
日本的に言えば《アッパーでトランス度強いWink》と言えば通じそうな雰囲気。
ユーロトランス系の人達のサウンドだな。

中国語が全く分からんので,買うまで分からなかったのだがこのCD(アルバム?)
ノンストップMixのCDだった。だから一曲が短い。しかもほとんどの曲はインスト。
しかも欲しかった曲と違う曲が入ってた。私のミスだが。
アッパーなダンス曲「触電」と間違えてラテンな曲の「放電」買っちゃた。
「触電」の方は入手が困難そうだったため、その後免費下載したという…
2000年前後のユーロダンスに特徴的な"あの"シンセ音がはいるのがツボ。



収録曲では「想像力」とかが良かったなあ。

なぜかセクシーボイスが入るw

「旋轉」

これはこのCDでは早回し状態になってやたらノリノリになっていた。
当然声も早回し状態で甲高くなってるんだが。


マカオ旅行で探してたのは彼女たちのCDである。無かったけど。香港にはあったのかな?
一応iTunesでも変えるんだね、世界は狭いね!
まだまだ聞ききってないから調べがいがあるわ!

Blümchenおえいさんに何があったんですか!!!!

日本全国のユーロダンスファンのみんな!!
GWは楽しんでますか?
ちくわさんは色々出かけて忙しいですよ?
それなのに書いちゃうブログだよ?

さて本題。何かこれ凄いビックリした。
Blümchen(Blossom)は再生回数トップ3になっちゃうくらい好きなんでw

ドイツにてBlümchenのBoomerangがアマゾン(ダウンロード)で
週間チャート2位になっちまったらしい。
これ96年の曲っすよ!
何があったかイマイチよく分からないのだが、
つまりは、、、、、ファンが頑張っちゃったのか?

詳細。→Dance Music News様の該当記事(英語)
(ユーロダンス系列のサイトと言いたいところだが、もっと守備範囲広い)

で、2010年4月28日(ついこの間じゃん!!)にBoomerangのCDが再販っぽい。
HaHaHaHa!どうするね、これ。

そしてこちらがごく最近のBoomerangのTVライブ映像。
何か最初語るが、しばらく見ててご覧あれ。

ジャスミンお姉さんだーーーー!!!30になっても全然変わんねー!!
何故にスーパーマンなんだー!!!
で、スーツ姿の兄ちゃんは誰なん?


ああ、なんかもう期待せずにはいられないんですが。
というわけで自宅にてBlümchen祭り開催。自宅にて(笑)

we love 90s Part2のライブがメンバー凄い件  (ユーロダンス)

どうしようもないのでこれは愚痴です。

日本のユーロダンスファンの皆様、指をくわえてうらやましがりましょう。
私をドイツに連れてって!!!!!!!!(心の叫び)

We love the 90s (Part2) という
90年代ユーロダンスのライブ。
このような大型ライブは最近何種類か開催している。海の向こうで。

詳細はこちら公式サイト(ドイツ語)
パート2とあるように今回二回目のライブ。前回のはどうでも良かったんですが
今回は日本に居ることを本当に恨みたくなる豪華メンバー(自分的に)

Vengaboys(フルメンバーーーー!ベンガバスイズカミン!!!!うわーーーん!!←感激)
E-rotic(誰来るの? Lyanさん?Sex Appealもあるんだし、頼みマスー!!はっ、ラップどうすんの?)
Dune(おっさん一人?やめれーー!!Verenaさん呼んで!無理なら新曲Voの人!!!)

この3グループが居る時点でワタクシ興奮死です。

あと
Captain Hollywood (”プロジェクト”の方の曲、しかも速い方の曲やってほしいなあ~)
Mark Oh (ティアーズドントライやってくれーーーーーーーーーー!!!)
もいるから大満足だわこれ。


サイトのぞくと他にもグループ出てる(豪華や…)ことが分かるんですが、
開くと速攻
Vengaboysの4人映ったムービー流れるんですよ
4人映ったムービー流れるんですよ!!! 
(大事なことなので二回)
元気そうで良かった…


ああ???生きててよかった???
風邪なんかに負けてらんないね。
プロフィール

Chick-O

Author:Chick-O
当方テレビゲーム好きで
カービィLOVEな
Macユーザー(ヲタ)の
eurodance聴きです。。。
ハッピーな曲が主食です

カテゴリ
最新コメント
かうんた
星のカービィ音楽同盟

バブルガムダンス万歳
すてきなすてきなバブルガムダンス専門サイトbubblegumdancer様。英語です。
今やってるゲーム
基本的には洋ゲーマー。でも雑食。
ユーロ布教動画
記事タイトル一覧
ユーロダンス情報の記事
→次
ツイッター
ユーロダンスネタ中心に叫ぶ
リンク
QRコード
まあ!ケータイでもそすぺが見れるんですって!!
QR
検索フォーム